【ネットにつないで監視】
大阪 京都 神戸でネットワークカメラの設置工事

防犯カメラ1台セット工事込77,000円~

スマホやPCで遠隔監視ができる セキュアジャパン
Contact
まずは無料相談からお問い合わせください
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-087-187 0120-087-187
受付時間:9:30~18:00

220万画素の防犯カメラの映像

動画の設定を1080P(HD)に変更してご視聴ください。

戸建てに220万画素の屋外用防犯カメラ(SJC-HRA1200T)を設置工事しました。フルハイビジョンでスマホの遠隔監視や24時間録画が可能です。配管してケーブル配線しますので見栄え良く取り付け可能です。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-087-187 0120-087-187
受付時間:9:30~18:00

Case study活用事例

ご家庭の防犯対策

戸建てマンションアパート、団地など

駐車場の監視

屋外コインパーキング、月極駐車場など

店舗の監視・防犯対策

コンビニ、飲食店、美容院など

オフィスの監視・防犯対策

ビル内、事務所の入退室、サーバー室など

商業施設などの監視・防犯対策

商店街、ショッピングモール、ホテルなど

公共機関の監視・防犯対策

駅、学校、病院、神社、寺、公園、屋外プール、老人ホーム、介護施設など

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-087-187 0120-087-187
受付時間:9:30~18:00

設置までの流れ

  • STEP
    01

    お問い合わせ

    お電話またはお問い合わせフォームにてお問い合わせください。

  • STEP
    02

    現地調査・見積もり

    設置場所や台数など、詳しくお聞きしお客様に最適なプランのご提案と見積もりをご提出させていただきます。屋外の配線経路や屋内の天井裏の配線ルートまで費用を抑えることができるプランをご提案いたします。

  • STEP
    03

    ご契約

    費用を抑えた最適な機材について詳しくご説明を行い、設置工事の日程など決めさせていただきます。

  • STEP
    04

    設置工事

    自社スタッフがお伺いし、カメラ設置工事を実施します。屋内屋外問わず配線部材には日本製を使用致します。鉄筋コンクリート、鉄骨、木造などあらゆる構造物にも設置可能です。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-087-187 0120-087-187
受付時間:9:30~18:00
Company

会社案内

概要

会社名 セキュアジャパン株式会社
代表取締役 衣川 英成
資本金 1000万円
営業所 【大阪本社】
大阪府大阪市中央区平野町1-8-13平野町 八千代ビル6階

【東京営業所】
東京都渋谷区神宮前6-23-4桑野ビル2階

【京都営業所】
京都府京都市中京区御池通東洞院東入笹屋町436 永和御池ビル606号

【神戸営業所】
兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル4階

【名古屋営業所】
〒461-0001愛知県名古屋市東区泉3-17-10泉ビル3階
電話番号 0120-087-187
営業時間 9:30~18:00
定休日 年中無休
免許番号 大阪府知事免許(1)第61321号
大阪府知事免許(般-2)第153818号
所属団体 (公社)全日本不動産協会会員
(公社)近畿地区不動産公正取引協議会加盟
保証協会 (公社)不動産保証協会大阪府本部
提携リース会社 三井住友ファイナンス&リース株式会社
取引銀行 みずほ銀行
大阪シティ信用金庫
大阪商工信用金庫

アクセス

Contact

お問い合わせ

お答えします!

よくある質問

Q

見積もり費用は発生しますか?

A

当社では、ご契約いただくまでのお見積もりや防犯設計、現地調査、各種ご相談などはすべて無料でご対応いたします。

Q

対応エリアを教えてください

A

大阪府、東京都を中心とした全国エリアにて対応しております。
※北海道、沖縄、離島などの本土エリア以外は対応出来かねますので、ご了承ください。

Q

防犯カメラはどの様な種類を扱っていまか?

A

国内メーカーの防犯カメラを多種多様にご用意しております。まずはお気軽にご連絡下さい。

Q

すぐに設置工事してもらえますか?

A

はい、対応可能です。最短で翌日工事も可能にしておりますので、まずはご依頼ください。
※エリアに寄って異なりますので、設置工事日はお見積りの際にご提示いたします。

Q

設置工事にはどのくらいの時間がかかりますか?

A

防犯カメラの設置台数と設置場所により異なりますが、基本は半日~1日あれば対応可能です。

Q

防犯カメラが故障したらどうなりますか?

A

故障原因を調査させて頂き、メーカー保証期間内であれば無償での機材修理、メーカー保証期間外の場合は有償での機材修理となります。

ネットワークカメラの遠隔監視

AdobeStock_299672215 30%
セキュアジャパン

ネットワークカメラの遠隔監視

インターネット接続できる防犯カメラについて

 

インターネットに接続できる防犯カメラも増えており、これらを活用することで、離れた場所から自宅を監視することができ、自宅の監視やスタッフの削減、効率化の推進に役立てることができます。使用にはインターネット環境と通信速度が重要です。導入の際は今回の記事を参考にされてください。

 

・インターネットできる防犯カメラとは

インターネットに接続できる防犯カメラは、ネットワークカメラと呼ばれています。ネットワークカメラは、防犯カメラの基本性能はそのままに、インターネットに接続できるカメラです。
複数のカメラを別々の場所で使用する場合でも、PCやスマートフォンを使って一元的に管理することができます。他拠点間のVPN構築にも利用でき、小規模から大規模な拠点まで対応できます。
ネットワークカメラは拡張性が高く、AI機能を搭載したカメラも増えてきており日々進化しています。
 

・有線LAN接続

ネットワークカメラには、WIFI接続のものとLANケーブル接続のものがあります。無線通信はハッキングされる可能性や電波干渉によるコマ落ちなど、セキュリティ上のリスクがあります。
LANケーブルは配線が面倒ですが、WIFIに比べると通信が安定し、安全性が高いです。

 

 

ネットワークカメラのメリットとデメリット

<メリット>

ネットワークカメラのメリットは、インターネット経由で遠隔監視ができるため、離れた場所にある複数の場所を監視できることです。しかも遠隔監視のための端末は、スマートフォンやPCなど手元にあるものなら何でもOK。ネットワークカメラはデジタル信号を使用しているため、高画質で音声もクリアです。また、PTZカメラなど、レンズを上下左右に動かせるカメラもラインナップしています。

 

<デメリット>

特筆すべきデメリットはほとんどありませんが、ネットワークカメラはIPカメラとも呼ばれ、パソコンと似たような仕組みで動作します。そのためパソコンの操作に不慣れな方は、設定に苦労するかもしれません。

 

・遠隔監視の仕組み
ネットワークカメラの遠隔監視方式は、P2Pサーバーを利用したP2P方式を採用しているため、ポート開放の必要がなく、現場にインターネット環境があればすぐに遠隔監視を行うことができます。

 

 

インターネットにつながらない場合

ネットワークカメラがインターネットに接続できない場合、何らかの原因がある可能性がありますので、その原因と対処法をご説明します。

 

・機器やケーブルの破損など、物理的な障害

まず確認すべきは、機器やケーブルの破損などの物理的な障害です。ケーブルの交換や機器の再起動、初期化などを試してみてください。再起動は有効な方法ですが、設定が初期化されている場合は新しい設定を入れる必要があるので、実施前に必ず確認しましょう。また、LANケーブルのコネクターが外れている可能性もありますので確認してみてください。

 

・ルーターの接続を確認する

ネットワークカメラから有線ケーブルで配線した場合、ルーターを経由してインターネットに接続します。何らかの原因でルーターがフリーズしている可能性がありますので、ルーターの再起動をお試しください。ルーターとの接続がうまくいかないとインターネットに接続できませんので、接続の確認をしてください。
プロバイダーを変更したり、ルーターを買い替えたりした結果、インターネットに接続できなくなった場合も、遠隔監視ができなくなりますので、インターネットに接続できるかどうかご確認ください。


 ・ファームウェアをアップデートする

ネットワークカメラのファームウェアを更新することで問題が解決する場合があります。
また場合によっては、ルーターのファームウェアも更新してください。ファームウェアのアップデートは、ルーターメーカーのホームページをご確認の上、行ってください。またパソコンやスマートフォンも同様に、最新の状態にすることで問題が解決する場合があります。
 
定期的なファームウェアの更新を心がけてください。

 

 

インターネット環境

200万画素の高精細ネットワークカメラには、光ファイバー回線などの高速ネットワーク環境が必要です。最近はあまり見かけなくなりましたが、ADSL回線などは回線速度が遅すぎて使えない場合があります。
 
また最近ではSIMカードを利用するM2Mルーターも登場していますが、プランによっては利用できない場合もありますので事前に確認が必要です。

 

 

最近ではネットワークカメラも一般的になってきており、今後も機能・性能ともに更新・改良されていくことでしょう。

使い勝手が良く、用途に合ったネットワークカメラを選ぶようにしましょう。
 

 

 

 

ネットワークのグローバルIP、ポート開放、遠隔監視

・グローバルIPアドレスとは

自宅のインターネット接続の大元となる1つのIPアドレスのことです。IPアドレスは世界中に存在しますが、ネットワーク上で特定されるアドレスであるため共有することはできません。インターネット接続をする際に、プロバイダー(OCN、BIGLOBEなど)から割り振られます。グローバルIPアドレスがなければ、インターネットにアクセスすることはできません。Webサイトを閲覧する際には、グローバルIPアドレスがURLに変換され、Webサイトに表示されます。

 

・IPv4とIPv6

グローバルIPアドレスには2種類あります。

IPv4(Internet Protocol version 4)は、4つの3桁の数字の並びで表され、192.168.100.100と表記される。ランダムに割り当てれば、43億通りのIPアドレスを使用することができる。
しかしIoTの進展に伴い、IPv4アドレスでは足りなくなりつつあり、そこで登場したのがIPv6アドレスである。
IPv6アドレスは数字とアルファベットのアドレスなので、43億の4乗(43億×43億×43億)個のアドレスを使うことができ、実質無制限にアドレスを利用することができるのです。
 

・プライベートIPアドレス(ローカルIPアドレス)とは

グローバルIPアドレスに対して、ローカルIPアドレスというものがあります。

ローカルIPアドレスとは、家の中にあるマシンのIPアドレスのことです。「家」がグローバルIPアドレスで、「各部屋」がローカルIPアドレス、といったイメージです。
グローバルIPアドレスもローカルIPアドレスも、IPv4とIPv6のアドレスを使うのでちょっとややこしいのですが、考え方としては全く別のIPアドレスということになります。

 

・固定IPアドレスとは

その名の通りIPアドレスを固定化するために使用します。前述のグローバルIPアドレスは、プロバイダーから自動的に割り当てられ、移転や撤去などに応じて新たに割り当てられたり、削除されたりするものです。そのため、何らかの理由でグローバルIPアドレスが変更される可能性があります。そのIPアドレスを固定化することを指します。

 

・ポートとは

ネットワークポートという考え方があります。グローバルIPアドレスは1つしかないため、正しく通信を行うためにはどのポートを経由して通信していたかが重要になります。
グローバルIPアドレスが「家」であるのに対して、ポートは言わば「扉」です。セキュリティ上、入り口であろうと裏口であろうと、ポートは常に閉じた状態であるのが基本です。

 

・ポート開放とは

ポートは常に閉じた状態であり、強制的に開放することを「ポートオープン」といいます。

 

・ポート開放のリスクについて

ポート開放はセキュリティリスクを高める要因となりますので、企業の方はネットワーク管理者にご確認の上、実施してください。現場のネットワーク環境によっては、一時的にインターネットが使えなくなる可能性もありますので、必ず自己責任で実施してください。

RELATED

関連記事